テストステロンは男性ホルモンの大部分を占めていて、男性が生きるためには重要なホルモンです。

テストステロンは筋トレを行うと、増やす事が出来ます。しかしただ筋トレを行えば良いのではなく、息が切れる程の激しい筋トレ出ないと分泌されないです。

身体の隅々まで筋肉を付けてマッチョになりたい人は、全力で筋トレを行うようにします。長過ぎる筋トレは逆効果になり、テストステロン値を下げてしまいます。効果的に行うには、下半身の筋トレを行うと良いです。

下半身には大きな筋肉が集まっているので、腕だけを筋トレするよりテストステロンの分泌量を増やせます。複数の関節と下半身の筋肉を鍛えられる筋トレの種目を、メニューに取り入れていくと効果的です。ウエイトを沢山持ち上げるようにすると、少ない回数よりも増やせます。

重いウエイトを利用して、スクワットやデッドリフトやベンチプレスやハイクリーン等の、全身の大きな筋肉を複数使うようにするとテストステロンの分泌量が増えます。筋トレの初心者でフリーウエイトが心配な人は、筋トレマシンを使用すると良いです。

更に効果的にテストステロンを増やすなら、インターバルを30から90秒にすると良いです。時間を有効活用するには、ベンチプレスとスクワットを交互に行うのがおすすめです。

金剛筋HMB

カテゴリー: 筋肉

関連記事

筋肉

筋力トレーニングの分割法

筋トレの分割法とは、身体の部位別に分割したり、力の出し方によって分割し 続きを読む …